利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

たとえば1万円の商品で経費原価が

9千円だと仮定します。

一つ売れると1000円の儲けになり

ますから、利益率は10です。

もし、この商品を1万円ではなく10

値上げして11000円で販売すると

したら、経費はほぼ9千円のままです

から利益は2000円と計算できます。

数字のマジックというか、面白いことに

販売価格を10値上げしただけなの

に、利益率は2倍になります。

利益を2倍にするテクニックとしては

面白い話なのですが、肝心なのは

これをヒントに逆も考えておくことです。

実際、多くのサラリーマン経営者は

これの逆のパターンを取りがちです。

1定価11000円の商品を約10

値下げして1万円で売る

利益は2000円から1000円

に下がり利益率は2分の1になる

2定価1万円の商品を5割引きの

9500円で売る

利益は1000円見当だったのが

500円となり、利益率は2分の1に

なる

値下げというのは、人が思っている

以上に利益儲けに直結します。

まあ、それでも利益が出ている儲かっ

ているうちはまだ良いのですが、

下手をすると原価割れして赤字採算

になってしまいます。

特に経営初期段階は赤字との戦いです。

数字をはじいて、経営が理論上成り

立っているのかどうかを経営者は常に

確認していなければいけません。

そして目指すべきは高いお金を払っ

てでもその商品を買いたいその

商品やサービスには高いお金を支払

うだけの価値がある!と思って

くれるお客さまを増やすことですね。

私の著書全13冊

一般書籍

サラリーマンが経済的自由を得る

お金の方程式合同フォレスト1512円

目からウロコが落ちる!サラリーマンの

ためのビジネスマン研修ヒント100

文芸社1404円

電子書籍Kindle版デルトハン出版

お金の教養シリーズ第1弾〜第5弾

組織マネジメントシリーズ第1弾〜第4弾

ビジネス人生論シリーズ第1弾〜第2弾