君のいる唐津

昨日会ったのは、

30年近く前に出会った同僚、

保健室の先生だった。

勿論お互い老けてるんだけど、

変わらないねぇ・・・・。

彼女はまず呼子のイカを食べに連れて行ってくれた。

わー、すごく食べてみたかったんだよぉ!

海辺のドライブも素敵。

20年の時を埋めるように、

全く話が途切れない。

おぉ、ここが呼子かぁ。

大人気の店で、

メニューが出された途端、

ふたり全く同時にカバンの中から老眼鏡を。

爆笑!

で、イカ造り定食2700円、これしかないっしょ!

もう、これ見たらわかるよね!

まちがいなく人生最高のイカでありました。

しあわせー。

もう満足しきったのに、

さらに唐津観光ドライブまでしてくれる。

いろいろ地元の裏話も交えたガイドつきで。

ここは有名な棚田だそうです。

いい景色だなぁ。

玄海原発というよくない景色も見たけど。

唐津城も見た。

日本三大松原と言われる虹の松原も見た。

桁外れだった。

鏡山に登ってすごい眺望も拝んだ。

あいやー!!!

唐津素晴らしい。

こんなに素晴らしいのに、

どうして無名なんだ佐賀県

もっとガンガンアピールせんかい!

鏡山の遊歩道で心地よい風に吹かれながら、

とにかく語り合った。

同僚だったころは「学校妻」なんて冗談を言われるほど、

メッチャ仲良かったからなぁ。

ふたりでずっと喋って笑ってたら、

お昼のイカであれだけお腹ふくれたのに

またお腹がすくんだ。

ひとりで旅をしてたら人と喋ることがあんまりないもんね。

あんまり食欲もわかなかったんだ。

最後は佐賀牛だよぉ。

はぁ、身も心も満たされ過ぎて、

「もう完璧に満足したから明日大阪へ帰るわ」

って、笑わせた。

宿まで送ってもらい、

思わずハグしたけど、

それでもお互い別れがたく、

彼女が車に乗り込んでからも、

何度も何度も手を握り合っていた。

とても言葉には尽くせない、

唐津の忘れられない12時間だった。

広告を非表示にする